カテゴリー別アーカイブ: Music

今年も渋響の季節がやってきました

 4/12(土)13(日)に長野県渋温泉郷にて開催!
4/12(土)13(日)に長野県渋温泉郷にて開催![/caption]

今年も渋響の季節がやってきました。

> 渋響pH:6.0 公式サイト

北信州・千年の古湯、渋温泉。
温泉の魅力と空間が音楽を超えて響き合う『渋響』!

21世紀の新たな温泉の楽しみ方『渋響』。
温泉情緒あふれる石畳の温泉街を舞台に、有形登録文化財でもある幻の宿・臨仙閣をメイン会場として日本を代表する温泉建築のひとつであ る歴史の宿金具屋、そして渋温泉の歴史の象徴である大湯を会場に電子音楽はもちろん、映像あり、インスタレーションあり、トークあり、紙芝居あり、そして 温泉ありの、めくるめく不思議な温泉情緒堪能の二日間。
都会を抜け出し、友達を誘って千年の古湯に集う一泊二日。
温泉はもちろん、極上音源も掛け流し!

渋響は長野県の渋温泉郷で開催される電子音楽と温泉とアートのイベント。と言ってもなかなか言葉で伝えるのは難しく、参加して体験してもらうのが一番なんだけどね。何しろ音楽のライブあり、温泉に浸かりながら聞くのもあり、地元のビールや食べ物あり、インスタレーションあり、民芸あり、舞踏あり、映像あり、マッサージあり。更には地元のおばあちゃんの紙芝居あり!芸者さんあり!なんとも盛りだくさんながらも、温泉街の雰囲気を味わえる希有なイベントだと思ってます。

今年のゲストライブはなんと半野喜弘さん!ブッキングは私も知らないのでかなりビックリしました(笑)
他にはTyme.!実はヤマダさんと涼音堂の縁は長く、10年以上前から涼音堂のイベントに出て頂いたりしてました。今回ホント久しぶりで楽しみ!
もはや定番、安田寿之さんとmoph recordsからmergrim + Kazuya Matsumoto、lycoriscoris、SoniCouture Live DJ Set (DJ蟻)、qureaさんは渋響ではおなじみ。昨年アルバムをリリースして絶好調な34423さんは渋響pH:4.0以来の出演。
他にも京都からichionとPsysEx、DJ Toll Sano a.k.a RIPeさん。糸魚さん周りの京都の人はホント面白い。

今年もスタッフとして参加予定なのですが、いやぁ楽しみ。大抵物販にいるか、撮影で歩き回っていてライブは全部を聞く事は出来ないんですけどね(笑)
自分も楽しんで、来てくれるお客さんも楽しめるようなイベントにしたいと思います。会場でお会いしましょう!

Lycoriscoris “from beyond the horizon”

Lycoriscoris “from beyond the horizon”を購入

Lycoriscoris “from beyond the horizon”

moph recordから11月11日に発売された、期待の新人Lycoriscorisのデビューアルバム。先日11月17日、渋谷WWWで行われたPROGRESSIVE FOrM showcase 2011ではデビュー後初ライブがあり、ノリノリのライブを見せてもらいました。ついでにそこで購入。あ、サイン貰えば良かったかな〜(笑)

moph recordのリリースページには涼音堂茶舗の星さん始め、多くのコメントが載っていますので是非チェックを!視聴もこちら。

優しく耳ざわりの良いエレクトロニカ。ゲストボーカルとしてPianaさんが参加している3曲目「daydreamer feat.Piana」とかひたすらに優しい。

そして思ったのがアルバムを通して聴くと更に楽しめるっていうこの感覚は久々だなぁ、と。なる程CDで出す訳だ。「午後」って感じのストーリーです。

生の楽器が多く電子音弱めのエレクトロニカかと言うとそうでもなく、非常に良いバランスで構築されている。部屋でヘッドホンして聴き込むというより、どこか外に出かけたくなるような軽やかさが気持ちいい。秋の散歩に丁度良いかもしれない。私は散歩とかあまりしないけど、落ち葉のある小径を散歩してみたい。東京近郊だとどこがいいだろう?

曲目(は特に好きな曲)

  1. oar
  2. from beyond the horizon
  3. daydreamer feat.Piana
  4. night train
  5. undulations
  6. pulseless
  7. amenooto
  8. don’t be afraid
  9. shinonome
  10. stillness

ちなみにmoph record、エレクトロニカ的でもありつつミニマルな音もリリースしてたりします。CD以外のデジタルリリースはbeatportでチェックすると良いですよ!今後も楽しみなレーベルです。

grkzgl “déglutations” armchair reflection “hoopla” higuchi eitaro “pimrico”

grkzgl “déglutations”を購入

grkzgl “déglutations” armchair reflection “hoopla” higuchi eitaro “pimrico”

写真の右奥がgrkzgl “déglutations”です。


10月に発売された2枚、higuchi eitaro “pimrico”、armchair reflection “hoopla”に続くエレクトロニカ・ファンクネスことPsysExの糸魚さんのレーベルshrine.jp再始動の第三段!grkzgl “déglutations”を購入。

このgrkzgl “déglutations”も、ジャケット画像は上下左右表裏を自分好みに合わせて使う仕様。お好きな様にどうぞ。一度抜いたら元の位置が判らなくなりますけど(笑)

ちなみにこのshrine.jp再始動について、京都のアート情報を発信しているAMeetのサイトにインタビューがありますので、shrine.jpを知っている人も知らない人も一読をお勧めします。
京都発のエクスペリメンタル/エレクトロニカ・レーベルshrine.jp再始動

grkzglさんのキャッチコピーは、
「ジラクジグル。アレクサンドル・スカルフォネによるストイックに貫かれる耳障りの面白いIDM作品。」
最初何語か判りませんでした(笑) 名前ですね。確かに面白いIDM作品。

音の方は前2枚とはちょっと趣が異なり、所謂エレクトロニカというより、音響・実験音楽というかIDMってやつです。

IDMとはIntelligent Dance Musicの略で、必ずしもダンスフロア向けではない、独特で幻想的なリズム、メロディーラインが特徴である。
Wikipedia – インテリジェント・ダンス・ミュージックより。

で、これは是非部屋の明かりを消して真っ暗な中で、ヘッドホンで音量をちょっとあげ気味で聞いてもらいたい。音に集中して行くとあっちの世界に入り込んでしまう。あっちがどこなのか、明確なイメージが沸かないんだけどね。でも音の跳ね具合は気持ち良いですので、変な世界では無い筈。CGで作られた3D空間に次々と建物?が構築されて行く。そこにポツンと置き去りにされた感じ。なんて言うか、説明放棄(笑)

正直、これは好き嫌いが別れるかな〜とも思います。聞き易い方だとは思いますが。ただshrine.jpの音が好きな人には是非聞いて欲しいアルバム。音は確実にshrine.jpです。そしてこういう音楽を聞いた事が無い人にこそ聞いて欲しいと思います。

視聴はUnderground Galleryで。会員価格はちょっと安いよ!

トラックリスト(印は特に好きな曲)

  1. Cdég
  2. Wertell
  3. Débouffe
  4. Xerme
  5. Korbe
  6. Torlk
  7. Molaç
  8. Gluotre
  9. Lirgg
  10. Yggv
grkzgl “déglutations” armchair reflection “hoopla” higuchi eitaro “pimrico”

armchair reflection “hoopla”を購入

grkzgl “déglutations” armchair reflection “hoopla” higuchi eitaro “pimrico”

写真の左奥がarmchair reflection “hoopla”です。

higuchi eitaro “pimrico”に続くエレクトロニカ・ファンクネスことPsysExの糸魚さんのレーベルshrine.jp再始動の第二段!armchair reflection “hoopla”購入。

ちなみに発売日は10月21日ですが、涼音堂茶舗の京都でのイベント「electronic evening 2011〜電子音楽の夕べ〜」の初座、法然院で密かに物販されていたのです(端に置いてありました)。higuchi eitaro “pimrico”以降の合計3枚購入しました。

このarmchair reflection “hoopla”も、ジャケット画像は上下左右表裏を自分好みに合わせて使う仕様。

armchair reflection(a.k.a. curtain of cards)さんのキャッチコピーは、
「不思議な清涼感、爽やかでキュートな電子音楽。カーテン・オブ・カーズによる別名義プロダクト。」
だそうです。爽やかキュート、覚えました(笑)

コロコロ可愛らしいけど、どこか淋しげ、というか神秘的なエレクトロニカ。何故か子供の頃を思い出した。夏休み、田舎の親戚の家に行き、夕暮れに一人きり林の中で心細い、そんな感じを思いだした(笑) 何故かちょっとだけ淋しく感じるんだよね。

視聴は2011年10月18日現在予約受付中のUnderground Galleryで。

トラックリスト(印は特に好きな曲)

  1. the paratrooper
  2. small speaker
  3. lullaby of breakout
  4. cake view
  5. victorian quant
  6. sculpture
  7. labial boat
  8. sleeping blue pacific
  9. unbiased die

cokiyu “Your Thorn”を購入

先日9月30日にcokiyuの4年ぶりの2ndアルバム”Your Thorn”のリリースパーティーが開かれ、そのライブ会場で購入。8月に1stアルバム”Mirror Flake”のリマスター版が発売され、それを購入。2ndも購入しようと決めていた所、リリースパーティーがあるとの事でそこで購入しようと決めていました。

歌声と曲の雰囲気が兎に角好きです。安らぎのBGMにぴったり。

ちなみに1stの”Mirror Flake”のリマスター版には、Ametsub、Geskia、Tyme.のRemixが収録されています。Remixはどれも良いですねぇ。1stもオススメ。

トラックリスト(は特に好きな曲)

  1. Your Thorn
  2. Recall
  3. With My Umbrella
  4. Textured Clouds
  5. Drag The Beast
  6. Gloomy
  7. Round in Fog
  8. See The Sun
  9. Little Waves

cokiyu 2ndアルバム”Your Thorn”を、1stアルバム “Mirror Flake”をiTunesで視聴する。