持ち歩く文房具を減らす その1(シャープペンシル、その他)


日本の文房具は安くて機能的で大好きなので、ついつい面白そうなものが出ると買ってしまう。ので普段持ち歩いている文房具が大量になってしまい、今は以写真の文具を持ち歩いています。自分でも多いなぁとは思います。殆ど使っていないものもありますし。
なので、今回整理しようと。
で、ちょっと長くなったので2回に分けています。次回は持ち歩く文房具を減らす その2(マジック、ボールペン、万年筆)編

シャープペンシル

ステッドラー シャープペン シルバーシリーズ 925 25-05 0.5mm

最近はシャーペンよりもボールペンや万年筆でメモを取ることが多いので、あまり出番は多く無いです。ですが、シャーペンは学生時代からステッドラーを使用しているので、やはりこの一本は持ち歩きたい。0.5mmの他、0.9mmも持ち歩いています。また、以前は0.3mmも好んで使用していましtが、やはり筆圧が高いので芯がポキポキと折れてしまうんですよね。なので、今は持ち歩いていません。ステッドラーの良いところは重さでしょうか。個人の好みに分かれるので、実物をお店で触ってからの購入をお勧めします。

ぺんてる シャープペンシル オレンズ 0.3mm イエロー軸

一度ノックして芯を出したら、ずっと出続けるというシャーペン。ずっと使っているとペン先のパイプが短くなり、そしたら1回ノックすればいいとのこと。ただし、自分の使用感には合わなかったです。どうしても無駄にノックしてしまうので、ずっと出ているとかいう実感が無い。ペンも好みの重さではなく軽いため、今回は二軍落ち候補かな〜。

ステッドラー マルス テクニコ 芯ホルダー 780 C

学生時代から愛用している芯ホルダー。やはりこの鉛筆に近い書き味は落書きに最適。下書きとか設計とかではなく、スケッチやラフなアイデア出しに向いていると思う。鉛筆は子どもの頃から誰もが使っているからか、太さに何か原因があるのか分からないけど、描きやすいのは事実。シャーペンの他にこれを1本持持ち歩くのをお勧めします。
ペンの後ろには鉛筆削りが付いているのですが、ここを使うと削りかすが筆箱の中に広がります(笑)。なので持ち歩き用にはステッドラーの513 85DSを使用し、家ではマルス502を使用しています。513は一応キャップが付いていますが、やはり削りかすが出てくるのでサブの筆箱に万年筆のインクや替え芯などと一緒に持ち歩いています。
記事には載せていませんが、他にも数本持ち歩いていたりします。

その他

ホチキス(無印良品・ポリカーボネイト携帯用ステープラー)

ホチキスはあまり好きじゃないんだけど、使わないとならないし、持っていると確かに便利な時もあるので。
無印良品 http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4934761799070

カッター(無印良品・廃盤?)

長年使っていたものが壊れた時に買い替えたもの。ただシンプルなものが欲しくて無印良品になりました。使い勝手は悪くないですふぁ、ちょっと細いので力を入れ辛いかな。

スチールメジャー(無印良品・スチールメジャー 6mm×2m)

これは便利。筆箱に15cmの定規しか入らないので、それ以上の長さを測る時に活躍。余り使わないので小さいものを選んでたら無印良品にいいものがあったので。引き出したメジャーを止めておくストッパーが無いけど十分にp値段以上かなと。
無印良品 http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4548718215607

はさみ(プラス・フィットカットカーブ スタンダード)

これは有名ですね。最近はコンビニでも見かけます。最適な刃の角度(30度)をずっと保ってくれるベルヌーイカーブ刃とかいうすごい奴が装備されいて、力を入れすぎなくても刃先の先端までよく切れます。友人が持っていて使わせてもらったらほほぅとなって購入。勿論もっと良いハサミも世の中にあるでしょう。でもこの値段で、今までずっとあった普通のハサミをちょっと工夫しているのが好きなのです。ただし、あまり使わないけど(笑)

ルーペ(25倍)

なんか入れてるけど使うことは先ず無い。今回外す対象の筆頭(笑)

定規(シンワ・直尺 ステン 15cm)

学生時代から使ってる、多分父に貰ったもの。シンプルで使いやすいし、カッターを使うので鉄定規が最適。会社の引き出しには、カッターを当てるための金属が片側に付いた30cm定規とカッターマットも常備しています。

半透明の付箋(PETA)

銀座の伊東屋でブラブラしてた時に見つけ、面白そうと思って購入。全面が半透明の付箋。全面に糊が付いているけど粘着力は強く無いので剥がせます。でも全面がくっ付いているので剥がれやすい、ということもありません。ただ普通の付箋とは使い方が違うんだろうなと。まだ有効な使い方は見出せていません…。スマホサイトのウェブデザインのワイヤーフレーム作成時に、何か使えないかと思って買ったんですけどね。

ピンセット

私のピンセットのメーカーとかが分からなかったため、リンクの商品とは異なりますが、こういう先の曲がったピンセットを持ち歩いています。主にホチキス外し用。使用頻度は高くないけど、こういう工具的なものが筆箱に入っているとテンションが上がりませんか?(笑)

一筆箋

右下にあるのが一筆箋。金沢に行った時、美術館巡りラリーみたいのをやって頂いた品。金沢能楽美術館のショップで買えると思います。字が下手なので使うことはないと思いますが、今後はお礼の一言などを伝えるのに使ってみようかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です