タグ別アーカイブ: iPod Touch

iPod touchが復元出来ない、アプリがインストール出来ないエラー

Mac Proに移行してから、iPod touchの調子が悪い。具体的には。

  • 新規購入したアプリをiPodにインストール出来ないエラー(-4)
  • 「復元」しようとしても、「iPodソフトウェア”iPod touch”のダウンロード中に問題が起きました。」となって、「復元」がキャンセルされてしまう
  • 音楽や画像、その他情報の同期は可能

で、昨日銀座のアップルストアであったセミナーのついでに、enius BarでiPod touchを見てもらいました。で、そこで工場出荷状態に戻す「復元」作業を行った所、問題なく作業が終わり、無事元に戻りました。

ですが、家に戻って自宅のMac ProにiPod touchを接続し、アプリをインストールしようとしたら失敗。同様に「復元」も失敗。ですが、昨日同容に音楽などのインストールは可能なので、何かちょっとした頃なのだろうと思いました。

以下、試した事。

  • iTunesフォルダーから、iPod touchのアプリ、音楽、プレイリストなど全てのデータを削除
  • メニュー「Store」→「コンピューターの認証を解除」、その後「コンピューターを認証」
  • iTunesアプリ本体を削除し、再インストール

これで何とか復活しました。多分最後の「iTunesを再インストール」が効いたんだと思います。

参考サイト:ありがとうiPod / 掲示板ご利用時のお願い

iPhoneは買わなかったけど、iPod touchでiTunes Appを楽しむ

7月11日に発売されたiPhoneは結局購入しませんでした。Apple信者と言われてもおかしくない私ですが、iPhoneの発売日が決まった日に近所のSoftbank Shopで予約を試みたのですが、まだお店のお姉ちゃんも判っていなかったのか、予約が出来なかったので、一気に熱が冷めてそのまま予約はしませんでした。

まぁ今持っているiPod touchが16GBなので、せめて容量が増えてくれないと。それとFlashの再生が出来るようになったら購入しようかと思ってます。

ただ発売と同時にオープンした、iPhone、iPod touch専用のアプリケーションは、有料のiPod touchソフトウェアアップデートを購入し、App Storeで販売・無料で入手出来る様々なソフトウェアを購入してみました。

一番関心したのは、乗換え案内ソフト「駅探エクスプレス for iPhone/iPod touch」です。これは素晴らしい。その操作性はまさしくIPod touchに最適化されていて、その体験は楽しくて、そして勿論便利です。
まぁ、作ったのがHMDTさん。Macに詳しい人ならご存知の方も多いでしょうが、シイラというブラウザを作っている会社です。昔スクリーンセーバーのチュートリアルをやったなぁ。

他にもボンバーマンやフリーのゲームソフトやTo Doソフトなど、まだまだ実用性には乏しいかもしれません。でsもとても楽しいですね、今のこの状況。iPhoneが欲しくなってきました。

iPod touchのSafariでページのトップに戻る方法

先日iPod touchの操作方法で「読みたい部分をダブルタップすると、そのブロック要素の幅に合わせて拡大する」というのがとても便利だとお伝えしましたが、もう一つ便利な操作がありました。

例えば「痛いニュース」などの縦に長い、長文のページを読んでいる途中に飽きて、ページトップにある検索窓を使いたいと思うことがあります。

先日まではずっと指でスクロールしていのですが、ふと画面一番上の時計が表示されている部分をタップした所、すうっとページ上部まで自動でスクロールしてくれました。どうやらこの白いバーの部分をタップするとページの一番上までスクロールしてくれるようです。これで表示されるアドレスバーと検索窓が楽に利用出来ますね。

しかしホント「新しい体験」ってのは楽しいです。

iPod touchでトラブル続出!

療養先の八戸ではWindows Mobile用Proxyソフト「ZeroProxy」を利用し、iPod touchを無線LANで接続していました。速度的には遅いものの、PC接続とならないので、利用料金もAdvanced/W-ZERO3 [es]単体での料金内(勿論定額です)に収まって安心。作者様ありがとう。

さて、革新的なiPod touchですが、先日のソフトウェアアップデート後、キーボードに関して不具合が報告されていますね。

トラブル1:画面を横にした際、キーボードがズレる

Safari使用時に、横画面で閲覧することも多いわけです。非常に読み易いですから。ですが、そこで不具合。どうやら縦画面時のキーボードのマッピングがされているような。右側1/3位が反応しないからね。

回避方法
1.「設定」→「一般」→「キーボード」→「各国のキーボード」
2.「日本語」と「英語」のスイッチを入れる(「日本語」だけでもいいかも。未確認。)

すると、キーボードのスペースキーの左に地球?のボタンが出現します。これは日本語入力と英語入力を切り替えるものですが、結果、日本語での使用時もキーボードのマッピングが修正されています。
しかしこんな設定弄ったことないので、始めはスイッチオフになってたのかな?しょぼいなぁ。

トラブル2:Safari使用中にキーボードのdeleteキーを押すと、Safariが落ちる

これは明らかにバージョンアップ後に起きてますので、アップデートの不具合ですね。

暫定的回避方法
1.「英語」キーボードでは起きないので、「英語」キーボードもスイッチオン!
2.「日本語」キーボード使用時に入力をミスした場合、一旦入力を確定させる(適当に文字の短い単語とかが良い)
3.「英語キーボード」に切替え、deleteキーにてミスした部分を消す

 ちなみに「日本語」と「英語」のdeleteキーの動作は異なりますので慣れが必要です。
「英語」キーボードはMacやPCのキーボードと同じで、押しっぱなしにすると、カーソルの前の文字を連続で消してくれます。
「日本語」キーボードの場合は、押しっぱなしにしても反応しませんが、押したまま左へドラッグすると、カーソルの位置より左の文字が1文字ずつ消えていきます。ドラッグ中に右に戻すとまた現れます!
慣れると意外と使いやすいですね。

ですが、やはり「日本語」キーボード使用時に、誤ってdeleteキーを押してしまうことがあります。フォーム等に入力中ですと、それまで書いていた内容がパー!可能であれば一時保存等することをお勧めします。
というか、早く直せよアップル!

トラブル3:強制リセット、そして音楽と動画が消えた日

いやー、上記の「トラブル2:Safari使用中にキーボードのdeleteキーを押すと、Safariが落ちる」が発生した際に何度かSafariを再起動しまくっていたら、「日本語」キーボードでもdeleteキーが使用できたんですよ。


すが、また突然Safariが落ち、そのまま起動時の林檎マークが出てきたんです。で、再起動したら音楽が無いとか。(笑)動画も無くなっていました。他
の設定等はそのままで、残りのメモリ容量を確認(「設定」→「一般」→「情報」)する限り、ただ読取り不可になっている模様。まぁ実際に使用出来ないので
同じですが。

母艦であるMac BookのiTunesに繋ぐと、「復元せい!」と言われましたが、困ったことに出先でMac Bookをインターネットに繋ぐことが出来ません。なのでそのまま音楽を入れ直すことが出来ないという…。


かもですよ、実は先日iPod touchのiTunes
Storeで購入した曲があるのですが、母艦のiTunesにコピーされていないんですよね。自動でコピーされるものと思ったんですがダメで、勿論
iTunes上のiPod touchからドラッグ出来る訳も無く、そのままにしてたんです。

これって無くなったのかなぁ。まぁ1曲だけだけど、あり得ないことですよね。

とまぁ、何とも不具合だらけですが、SDKが公開されて様々なアプリが出てくるのが楽しみです。これを書いている時点では発表がまだですので。

また、iPod touch、やっぱ凄いですよ。
iPod touchを触った後にAdvanced/W-ZERO3 [es]のWindows Mobileってやつを触ると、UI(ユーザーインターフェース)の重要性と、それが与えてくれる体験の違いに驚きます。

特に好きなのはSafari。blogやニュースサイトなど、読みたい記事の部分をダブルタップ(?)すると、そこの幅に合わせて画面を拡大してくれます。そして横画面にすると、大抵のニュースは読み易くなるのです。

Advanced/W-ZERO3 [es]ではOperaを使用していますが、レンダリングがしょぼくて(というか、まぁ画面が狭いので仕方ないのですが)肝心の記事部分がもの凄く狭く(細く)なったりしますから読み辛いのです。

私はウェブデザインとかやりますが、デザイン全般に興味のある人は、一度お触りすることをお勧めします。(笑)