タグ別アーカイブ: shrine.jp

grkzgl “déglutations” armchair reflection “hoopla” higuchi eitaro “pimrico”

grkzgl “déglutations”を購入

grkzgl “déglutations” armchair reflection “hoopla” higuchi eitaro “pimrico”

写真の右奥がgrkzgl “déglutations”です。


10月に発売された2枚、higuchi eitaro “pimrico”、armchair reflection “hoopla”に続くエレクトロニカ・ファンクネスことPsysExの糸魚さんのレーベルshrine.jp再始動の第三段!grkzgl “déglutations”を購入。

このgrkzgl “déglutations”も、ジャケット画像は上下左右表裏を自分好みに合わせて使う仕様。お好きな様にどうぞ。一度抜いたら元の位置が判らなくなりますけど(笑)

ちなみにこのshrine.jp再始動について、京都のアート情報を発信しているAMeetのサイトにインタビューがありますので、shrine.jpを知っている人も知らない人も一読をお勧めします。
京都発のエクスペリメンタル/エレクトロニカ・レーベルshrine.jp再始動

grkzglさんのキャッチコピーは、
「ジラクジグル。アレクサンドル・スカルフォネによるストイックに貫かれる耳障りの面白いIDM作品。」
最初何語か判りませんでした(笑) 名前ですね。確かに面白いIDM作品。

音の方は前2枚とはちょっと趣が異なり、所謂エレクトロニカというより、音響・実験音楽というかIDMってやつです。

IDMとはIntelligent Dance Musicの略で、必ずしもダンスフロア向けではない、独特で幻想的なリズム、メロディーラインが特徴である。
Wikipedia – インテリジェント・ダンス・ミュージックより。

で、これは是非部屋の明かりを消して真っ暗な中で、ヘッドホンで音量をちょっとあげ気味で聞いてもらいたい。音に集中して行くとあっちの世界に入り込んでしまう。あっちがどこなのか、明確なイメージが沸かないんだけどね。でも音の跳ね具合は気持ち良いですので、変な世界では無い筈。CGで作られた3D空間に次々と建物?が構築されて行く。そこにポツンと置き去りにされた感じ。なんて言うか、説明放棄(笑)

正直、これは好き嫌いが別れるかな〜とも思います。聞き易い方だとは思いますが。ただshrine.jpの音が好きな人には是非聞いて欲しいアルバム。音は確実にshrine.jpです。そしてこういう音楽を聞いた事が無い人にこそ聞いて欲しいと思います。

視聴はUnderground Galleryで。会員価格はちょっと安いよ!

トラックリスト(印は特に好きな曲)

  1. Cdég
  2. Wertell
  3. Débouffe
  4. Xerme
  5. Korbe
  6. Torlk
  7. Molaç
  8. Gluotre
  9. Lirgg
  10. Yggv
grkzgl “déglutations” armchair reflection “hoopla” higuchi eitaro “pimrico”

armchair reflection “hoopla”を購入

grkzgl “déglutations” armchair reflection “hoopla” higuchi eitaro “pimrico”

写真の左奥がarmchair reflection “hoopla”です。

higuchi eitaro “pimrico”に続くエレクトロニカ・ファンクネスことPsysExの糸魚さんのレーベルshrine.jp再始動の第二段!armchair reflection “hoopla”購入。

ちなみに発売日は10月21日ですが、涼音堂茶舗の京都でのイベント「electronic evening 2011〜電子音楽の夕べ〜」の初座、法然院で密かに物販されていたのです(端に置いてありました)。higuchi eitaro “pimrico”以降の合計3枚購入しました。

このarmchair reflection “hoopla”も、ジャケット画像は上下左右表裏を自分好みに合わせて使う仕様。

armchair reflection(a.k.a. curtain of cards)さんのキャッチコピーは、
「不思議な清涼感、爽やかでキュートな電子音楽。カーテン・オブ・カーズによる別名義プロダクト。」
だそうです。爽やかキュート、覚えました(笑)

コロコロ可愛らしいけど、どこか淋しげ、というか神秘的なエレクトロニカ。何故か子供の頃を思い出した。夏休み、田舎の親戚の家に行き、夕暮れに一人きり林の中で心細い、そんな感じを思いだした(笑) 何故かちょっとだけ淋しく感じるんだよね。

視聴は2011年10月18日現在予約受付中のUnderground Galleryで。

トラックリスト(印は特に好きな曲)

  1. the paratrooper
  2. small speaker
  3. lullaby of breakout
  4. cake view
  5. victorian quant
  6. sculpture
  7. labial boat
  8. sleeping blue pacific
  9. unbiased die
grkzgl “déglutations” armchair reflection “hoopla” higuchi eitaro “pimrico”

higuchi eitaro “pimrico”を購入

grkzgl “déglutations” armchair reflection “hoopla” higuchi eitaro “pimrico”

写真の手前のがhiguchi eitaro “pimrico”です。

自身も楽曲を発表しているエレクトロニカ・ファンクネスことPsysExの糸魚さんのレーベルshrine.jp(音出ます)が再始動!いや、再始動かどうかは判らないれども、これから怒濤のリリースラッシュが始まるそうです。

ちなみに発売日は10月7日ですが、涼音堂茶舗の京都でのイベント「electronic evening 2011〜電子音楽の夕べ〜」の初座、法然院で密かに物販されていたのです(端に置いてありました)。このhiguchi eitaro “pimrico”以降の合計3枚購入しました。

ジャケット画像は上下左右が決まっておらず、自由に回転させて楽しめる仕様。表裏合わせて8種類。

樋口鋭太朗さんのキャッチコピーは、
「カラフルで緻密、ミニマルでポップな電子音楽。スーパーコライダーの記述師、ヒグチエイタロウ。」
だそうです。もうPsysExに続いてshrine.jpのメンツには何かしらのキャッチコピーが必要ですよね。今後も期待してます(笑)

音はshrineらしく?ミニマルな音の粒が折り重なるエレクトロニカなんだけど、もっとポップで、キャッチコピーにある様にカラフル!な印象を受ける。ただ漫然とカラフルなのではなく、暗いミニマルな渦を覗き込んだ先にカラフルな音が舞っているという感じ。京都っぽい。shrineだね。

視聴はshrine.jpか、2011年9月28日現在予約開始のUnderground Gallery発売は10月7日!

トラックリスト(印は特に好きな曲)

  1. new born
  2. bose
  3. sezin crysto
  4. barutimore
  5. ucom
  6. scoote

PsysEx “603ep”を購入。いいね。

PsysExこと糸魚さんのアルバム“psx_vi”からシングルカットってことになるのかな?“603ep”を購入した。ちょー久しぶりのアナログ購入となった訳です。

音の感想を言葉で表すのが苦手なんだけど、一応感想をちょっとだけ。

  • A1.#603_ii(alva noto remodel)
    これはアルバム”psx_vi”に収録されていたもの。完全にアンビエントっぽいんだけど、低音の波が押し寄せて来て目を閉じて聞いていると、どこかに連れて行かれそうになる。
  • A2.#603 ALTZ remix
    これはかなり好きですね。跳ねてる様なキックが楽しくていい!
  • B1.#603 yukihiro kobayashi remix
    ミニマルでMixし易そうな曲。実はミニマルはディープになればなる程苦手なんだけど、これはそんなにディープじゃない。原曲、というかPsysExの持つ様々な音の断片がメロディーになって聞き易い。
  • B2.#603_?(DJ iToy remix)
    これが糸魚さんなんだ〜。うん、糸魚さんだ(笑) 金属音の様なチープさのある音や様々な音粒が踊っている様な感じ。でもワ〜イ!って感じじゃない(笑)それぞれが別々に踊ってて、それを端から見ると楽しげな空間が広がってると言うか。うん意味不明な感想だね(笑)

個人的にはやはりフロアで聞いてみたい。どんな風に繋げればより格好良く聞こえるのだろう?そう言えば糸魚さんのDJって聞いたこと無いんだよなぁ。糸魚さんは酔ってくると更に面白い。

視聴・購入はUnderground Gallery “Ken’ichi Itoi a.k.a. PsysEx – 603 ep”で可能です。